消費者金融や銀行で借り換えするときに気をつけることは?

 

銀行や消費者金融のカードローンは、いざという時や急な出費の時でも対応できるので非常に便利です。

 

コンビニのATMでサッと借り入れが出来るので手間もかかりません。

 

利便性の高さと気軽に利用できると言う事から利用者はまたたく間に増加し、今や学生でもカードローンを利用しているほどです。

 

しかし便利な半面、ついつい借りすぎてしまい中々完済できないというデメリットもあります。

 

繰り返し借入れができてしまう為、返済しては借り手をダラダラと続けてしまう方が多いようです。

 

それだけに留まらず、新たにカードローン契約をしてしまい、自ら複数の業者から借入する状態を作ってしまう方も多いです。

 

しかもこのような方は、最初に借り入れしたカードローンの返済に充てるために新たにカードローン契約をするとう場合が多いのです。

 

借金のために借金をすると言う行為は絶対にしてはいけない事で、一度泥沼にハマってしまうと抜け出せない状態に陥ってしまう可能性が非常に高いです。

 

 

複数のカードローンで借入れをしている方は債務を1つにまとめる「おまとめローン」を活用することをオススメします。

 

消費者金融等からの複数の借入れをまとめ返済先を1つにすることで様々なメリットを得ることが出来ます。

 

とは言え、安易におまとめローンや借り換えをするのは非常に危険です。

 

何の予備知識も持たないまま借り換えに申し込みしてしまうと、余計に返済が苦しくなることもあります。

 

ここではカードローンの借り換えで気をつけるべきことやメリット・デメリットについて解説していきたいと思います。

 

 

カードローン借り換えのメリットは?

 

 

借り換えやおまとめローンを利用することで得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

 

まず複数の借入れを低金利のローンに一本化する事で返済額が減り毎月の負担が軽減されます。

 

借り換えを検討している方であれば、このメリットについては既にご存じの方も多いかと思います。

 

 

また返済先を1つにすることで管理しやすくなるというメリットもあります。

 

他社借入が複数あると返済日がぞれぞれ異なってしまい管理がしにくくなります。

 

ヘタするとうっかり返済日を過ぎてしまい遅延金を払うはめになってしまったなんて事も考えられます。

 

返済先を1つにすれば返済は一月に1回で済みますので管理もしやすいですし手間も省けます。

 

借り換えはカードローンとは異なり繰り返し借り入れが出来ず、ひたすら返済していく事となります。

 

借りたくても借りれませんから返済に集中でき新たに借金が増えることがありません。

 

これは意外と気づかないメリットなのかもしれませんが、強制的に借入れができなくなるので借金癖が直せる可能性もあると言えるでしょうね。

 

 

借り換えするときのデメリットはなに?

 

 

では借り換えにはどのようなデメリットが有るのでしょうか?

 

通常のカードローンやキャッシングと同様に、借り替えにも審査があります。

 

ローンの審査は金利が低くなる場合と、融資希望額が大きくなるほど審査は厳しくなります。

 

銀行の金利は安いですから借り換えを検討している方からすれば非常に大きなメリットを感じることでしょう。

 

 

しかし当然金利が安ければ審査は厳しくなりますので、借り換えしたいと思ってそう簡単に審査に通るわけではないのです。
また借り換えするということは複数借入れしている状態ですから、当然融資金額も大きくなってしまいます。

 

低金利かつ借入希望額が大きいとなれば2重に審査は厳しくなるようなもの。

 

借り換えすることで大きなメリットを得ることが出きますが、それを実現するためにはハードルがかなり高いと思って良いでしょう。

 

 

選んではいけない借り換え先の金融は?

 

 

借り換えなら何処の業者でも同じとは限りません。

 

むしろ業者選びこそ慎重に行う必要があります。

 

中には選んではいけない業者も存在しますので注意が必要です。

 

まず金利が異常に高すぎるもしくは異常に低すぎる業者です。

 

利息制限法に沿った金利設定にしている業者を選ぶことが大前提です。

 

利息制限法では、元金が10万円未満なら上限金利は20%、元金10万円異常100万円未満なら上限金利18%、元金100万円以上の場合は上限金利15%と定められています。

 

金利が異常に高すぎる業者は法的に問題があることは勿論ですが、そもそも高い金利に借り換えては意味がありません。
借り換えは利息と返済額の負担を軽減するのが主な目的ですから、その点はお忘れなく。

 

 

逆に以上に低い金利で借り換えを受け付けている業者も要注意です。

 

名前も聞いたことのない業者にも関わらず銀行並みに低金利で貸し付けている所は危険です。

 

銀行でもない業者が低金利で貸し付けることなんて普通は出来ませんから、くれぐれも手を出さないことです。

 

このように低金利を謳っている業者は間違いなく悪徳業者と疑って良いでしょう。

 

ローンの借り換えを扱っている金融機関や貸金業者の中には返済期間を長く設定しているところもあります。

 

返済期間を長く設定すると月々の返済額は少なくなりますので一見メリットを感じるように思います。

 

しかしその分利息分の支払いが増えてしまい結果的に借り換えしても変わらないケースが多く、ひどい場合ですと借り換え前よりも支払総額が多くなってしまうこともあります。

 

金利が安いという理由だけで、返済期間を良く確認せずに申込んでしまうと損してしまう可能性が高いです。

 

金利だけでなく返済期間もきちんと確認することが大切です。